メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features・2020年へ

ジャカルタ・アジア大会 体操 谷川翔(19) 今季飛躍、打倒中国へ

 <フィーチャーズ アジア大会2018>

谷川翔(かける)(19)

 前回の仁川(韓国)大会の体操男子団体総合で、王者・中国の11連覇を阻止して初優勝した日本が22日の決勝で連覇に挑む。20日の団体総合予選は中国が261・750点でトップ。2位の日本は256・650点と引き離された。予選のスコアは持ち越さないとはいえ、壁は高いが、次世代の日本を担う新鋭は「しっかりミスなく、いい演技をして、中国に勝ちたい」と意気込む。

 20日の個人総合決勝は不本意な出来だった。床運動を終えて4位につけ、メダルが射程圏内だったが、得意…

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1021文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  3. ORICON NEWS 小雪の姉・弥生、妊娠報告「夏の終わりには家族が増える予定」
  4. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです