メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱中症対策

保育園に「暑さセンサー」 NTT西など、福岡で実証開始

 NTT西日本など5社は21日、福岡市の保育園で、モノのインターネット(IoT)を活用した熱中症対策の実証を始めた。9月30日まで。保育園の屋内外に計測センサーを設置し、熱中症の危険度を示す「暑さ指数」をタブレット端末で確認する。危険度の判断は保育士の経験に頼っていたが、数値で「見える化」することで、保育現場の…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文390文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです