熱中症対策

保育園に「暑さセンサー」 NTT西など、福岡で実証開始

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 NTT西日本など5社は21日、福岡市の保育園で、モノのインターネット(IoT)を活用した熱中症対策の実証を始めた。9月30日まで。保育園の屋内外に計測センサーを設置し、熱中症の危険度を示す「暑さ指数」をタブレット端末で確認する。危険度の判断は保育士の経験に頼っていたが、数値で「見える化」することで、保育現場の…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文390文字)

あわせて読みたい

注目の特集