メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

法人で支援 道内で行政書士ら 医療同意、住宅ローン、労働問題など

 北海道内の行政書士や社会保険労務士が今月、LGBTなど性的少数者をサポートする一般社団法人「ENISHI」を設立した。法的手続きや法的書類の作成、職場環境のトラブルなど問題解決の仲介も行う。同法人によると、行政書士らによるこうした団体は全国でも異例という。

 設立したのは、旭川市、千歳市、江別市、札幌市、長沼町を拠点にする行政書士10人と社会保険労務士1人。代表理事の佐々木啓さん(50)=旭川市=らが昨年9月以降、当事者から生活上の困難について聞き取り、勉強会を重ねた。その結果、…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです