メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

トランプ氏の元選対本部長に有罪評決

モラー特別検察官起訴のケースで初有罪評決

 【ニューヨーク國枝すみれ】米南部バージニア州の連邦地裁の陪審員は21日、トランプ陣営の元選対本部長のポール・マナフォート被告に対し、起訴された18の罪のうち、脱税など8件で有罪評決を下した。トランプ政権の「ロシアゲート」とは直接関係ない罪だが、モラー特別検察官が起訴したケースでは初の有罪評決で、モラー氏にとっては大きな勝利となった。

 被告は、ウクライナの親ロシア派から得たコンサルタント料など1600万ドル(約17億6000万円)を…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文501文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです