メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都知事選 小池氏の再選確実
米商務長官

自動車報告書8月中困難 輸入制限影響調査

 【ワシントン清水憲司】ロス米商務長官は20日、米通商拡大法232条に基づく自動車・同部品の輸入制限発動を視野に実施中の影響調査について「自動車各社から詳細な回答を受け取ったところで、膨大なページ数がある。我々は8月を使い切ってしまう」と述べ、トランプ米大統領への月内の報告書提出は難しいとの見通しを示した。

 同日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューに答えた。欧州連合(EU)やカナダ、メキシコとの交渉が進展していることも提出先送りの要因になったという。輸入制限発動の是非はトランプ氏が報告書の提出を受けて判断する。

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 長崎大生が新型コロナ感染 大学病院実習中に発熱 長崎県内18人目

  4. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  5. コロナ封じ込めに成功したはずの韓国で感染拡大する理由 自粛解除と防疫、両立の難しさ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです