メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

バドミントン女子団体、3大会ぶり決勝へ

ダブルスでストレート勝ちした高橋礼華(奥)、松友美佐紀組=ジャカルタで2018年8月21日、徳野仁子撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第4日の21日、バドミントン女子団体準決勝があり、日本はインドネシアを3-1で破り、2006年ドーハ大会以来、3大会ぶりの決勝進出を果たした。女子ダブルス世界ランキング1位の福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)が強敵にストレートで勝って、流れを取り戻した。

 第1シングルスの山口茜(再春館製薬所)が世界ランキング22位の相手に競り負けた。予想外の出だしで福島、広田組は世界ラン…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文518文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです