メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

バドミントン女子団体、3大会ぶり決勝へ

ダブルスでストレート勝ちした高橋礼華(奥)、松友美佐紀組=ジャカルタで2018年8月21日、徳野仁子撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第4日の21日、バドミントン女子団体準決勝があり、日本はインドネシアを3-1で破り、2006年ドーハ大会以来、3大会ぶりの決勝進出を果たした。女子ダブルス世界ランキング1位の福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)が強敵にストレートで勝って、流れを取り戻した。

 第1シングルスの山口茜(再春館製薬所)が世界ランキング22位の相手に競り負けた。予想外の出だしで福島、広田組は世界ラン…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです