夏の高校野球

優勝届けられず悔し涙 金足農・吉田

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【金足農-大阪桐蔭】大阪桐蔭に敗れ、顔を覆う金足農の吉田=阪神甲子園球場で2018年8月21日、津村豊和撮影
【金足農-大阪桐蔭】大阪桐蔭に敗れ、顔を覆う金足農の吉田=阪神甲子園球場で2018年8月21日、津村豊和撮影

 〇大阪桐蔭(北大阪)13-2金足農(秋田)●(21日・阪神甲子園球場、決勝)

 応援歌に乗った甲子園全体の手拍子もむなしく、金足農の九回の攻撃は3者凡退。5回12失点で降板したエース右腕・吉田輝星(3年)は「応援してくれた人に優勝を届けられなかった」と悔し涙を流した。

 雪国・東北は全国10地区で春夏を通じて唯一優勝がないが、今世紀に入って決勝進出が8回あり、2000年までの4回から倍増した。レベルアップの一因は「野球留学」。激戦区の関西出身者が甲子園に出るために東北の強豪私立校に…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

あわせて読みたい