メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

豪華布陣で逆転 バドミントン女子団体決勝へ

【日本-インドネシア】ダブルスでストレート勝ちした福島由紀(奥)、広田彩花組=ジャカルタで2018年8月21日、徳野仁子撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第4日の21日、バドミントン女子団体準決勝があり、日本は開催国のインドネシアを3-1で破り、2006年ドーハ大会以来、12年ぶりに決勝進出を果たした。エースが負けても、「世界ランキング1位」、「世界選手権女王」、「五輪王者」と続く豪華な布陣で逆転勝ちした。

 地元のインドネシア応援団の大歓声が響くアウェーの独特な雰囲気に、1番手の山口茜(再春館製薬所)がのみ込まれた。世界ランク22位の相手にフルゲームで競り負ける波乱の出だしとなった。しかし、女子ダブルス世界ランク1位の福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)がすぐに流れを取り戻した。

 2人の強みは、どちらが後衛でも強打を打ち込めること。広田は「相手を勢いづかせないために自分たちから…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

  4. 「失念していた」新幹線駅トイレに拳銃置き忘れの女性巡査長 兵庫県警

  5. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです