メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風20号

西日本に上陸へ 大雨に注意

23日10時現在

 強い台風20号は23日午前、列島の南の海上を北北西に進んでいる。同日夜には四国から近畿地方にかけて上陸し、西日本を中心に各地で激しい雨となる見込み。夕方以降、京阪神地域を中心に鉄道の運転見合わせが予定されており、帰宅時間帯に交通機関が乱れる見通しとなっている。また、西日本豪雨の被災地も大雨が予想され、最大限の警戒が求められる。

 気象庁によると、台風20号は正午現在、高知県の足摺岬の南東約260キロの海上を時速35キロで北北西に進んでいる。中心気圧は955ヘクトパスカルで、中心付近の最大瞬間風速は60メートル。中心から東170キロ以内と西110キロ以内では、風速25メートル以上の暴風域となっている。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです