メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

救急医の神髄を若手へ 石松伸一さん

聖路加国際病院の石松伸一副院長

 聖路加国際病院(東京都中央区)の石松伸一副院長(58)が、救命救急センター長としての経験と思いをつづった「生と死の現場から」(海竜社、1512円)を出版した。

 25年間、救急医療に関わった石松さんを一昨年、軽い脳梗塞(こうそく)が襲った。5日間の入院で回復したが、今も再発への不安を抱く。「救急医の醍醐味(だいごみ)を若い世代に伝えてお…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです