メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日々是・感劇

戦後73年の日本人と核

 ヒロシマ、ナガサキ、そしてフクシマ--。日本人は核とどう向き合うのか。戦後73年の夏、改めて問いかける初演、再演作品が続いた。

 福島3部作の第1部と銘打った劇団DULL-COLOREDPOP「1961年:夜に昇る太陽」(7月21日~8月5日、東京・こまばアゴラ劇場、谷賢一作・演出)は、幼少期を福島で過ごした谷が現地を丹念に取材し、原発問題に正面から切り込む意欲作だ。先に福島県いわき市で初演された。

 舞台は双葉町。原発誘致に至る経緯に、地方のしがらみのなかでの家族や友人との葛藤を横糸に絡ませドラマに仕立てた。都市と地方の格差など高度成長の中でのひずみが、問題の根っことして痛みと共にあぶり出される。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです