メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水難救助ドローン

おぼれる人に浮輪投下 ペットボトル連結 香川・高専生ら開発

水難救助用のドローンを手にする香川高専の学生=香川県三豊市で、岩崎邦宏撮影

 国立香川高専詫間キャンパス(香川県三豊市)の学生らが、水難救助に使用するドローンを開発した。おぼれている人の上空からペットボトルをつなげた「浮輪」を投下する仕組み。今年1月には民間の技術やアイデアの実現を後押しする内閣府の事業にも認定され、学生は「災害現場で役に立てば」と、実用化へ研究を続けている。【岩崎邦宏】

 開発したのは香川高専電子システム工学科の三崎幸典教授のグループと、ドローンの販売や教習を手掛ける「…

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  4. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです