メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

21文字の小宇宙

 「君への気持ちは、黄色い線まで下がれない」。大津市のまちづくりグループが主催する「青春21文字のメッセージ」で最優秀賞に輝いた中学生の作品だ。市内を走る京阪電鉄石山坂本線に21の駅があることに絡めて12年前に始まった取り組みが、次第に熱を帯びつつある。

 「五七五七七」の短歌と「五七五」の俳句の中間に位置する21文字の言葉は、それぞれが独自のリズムを持つ。冒頭に掲げた作…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  3. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです