メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

両陛下、平成最後の夏静養 「退位後もぜひ長野に」 軽井沢駅550人出迎え /長野

 天皇、皇后両陛下は22日、軽井沢町に入られた。在位中最後の夏の静養で、JR軽井沢駅前では町民ら約550人が出迎えた。来年4月末の退位を前に、町民からは「本当にお疲れ様でした」「退位後もぜひ長野に」との声が上がった。23日は町内の大日向開拓地を散策。27日午前まで町内に滞在した後、群馬県に移動する。

 両陛下は午後0時50分ごろ、軽井沢駅に新幹線で到着された。駅北口を出ると、駅前ロータリーで大勢の町民らが出迎えた。天皇陛下は車に乗った後も窓を開け、手を振り続けて応えた。

 軽井沢町長倉の無職、若林栄子さん(70)は、皇太子時代も含めて約50年前から、夏の静養のお出迎えと…

この記事は有料記事です。

残り2335文字(全文2621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです