メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

彦根梨

出荷最盛期 39店参加、食べ歩きラリー /滋賀

1袋600~700円で次々と売れる彦根梨=滋賀県彦根市石寺町の直売店で、JA東びわこ提供

 完熟の甘さに定評がある「彦根梨」の出荷が、最盛期を迎えている。JA東びわこ直営の店舗には連日、買い物客が列をつくる人気ぶり。彦根梨を使ったスイーツや料理を食べ歩くキャンペーン「ひこね梨さんぽ2018」も22日から始まり、秋の香りを漂わせる和洋菓子やカクテルなどが彦根の城下町で街歩きの楽しみとなっている。

 今年は、彦根市石寺町の曽根沼周辺の農家19戸が約10ヘクタールの畑で彦根梨を栽培し、昨年の34トンを上回る36トンの収穫を見込む。8月初めから「筑水」「なつしずく」の販売が始まり、現在は主力の「幸水」が最盛期。9月中旬まで販売され、入れ替わるように9月上旬から下旬には「豊水」が出荷される予定だ。

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  2. 西村担当相は否定 ネットで緊急事態宣言「記者に漏らした」情報 法的措置も検討

  3. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 東京都で新たに78人感染 1日当たり最多 永寿総合病院で14人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです