怪談

地元ゆかり“耳なし芳一” 語り手に野村忠司さん 夏の夕、親子で楽しんで 25日、下関・法福寺 /山口

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 夏の夕、親子で怪談を楽しみませんか--。下関市の阿弥陀寺(現在の赤間神宮)を舞台にした怪談「耳なし芳一」を元市文化協会会長の野村忠司さんが語るイベントが25日午後4時、同市幸町の法福寺で開かれる。主催する児童書専門店「こどもの広場」の横山真佐子さんは「下関ゆかりの怪談でありながら、題名は知っていても実は物語を知らない人もいると思う。この機会に大人も子供も一緒に楽しんでほしい」と呼び掛けている。【上村里花】

 語り手の野村さんは、下関を拠点に60年以上活動を続けている「劇団海峡座」の俳優でもあり、詩人でもある。今回は「耳なし芳一」の話に平家物語も組み込んだオリジナル脚本で語るという。

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文525文字)

あわせて読みたい

注目の特集