メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファッション甲子園

松山工と今治工の県2校、出場へ 青森で26日 /愛媛

今治工の「One more chance」「わがままな風」を仕上げる(左から)村上百華、木村美空、村越潤太、竹本舞さん=愛媛県今治市河南町1の同校で、松倉展人撮影

 26日に青森県弘前市で開かれる「ファッション甲子園」(第18回全国高校ファッションデザイン選手権大会)に、県内から昨年に続いて県立今治工、松山工がダブル出場する。今治工は初の2チーム選出で、6年連続13回目、松山工は2年連続2回目の出場。【松倉展人、遠藤龍】

 大会はファッションデザインを通じ「高校生らしいみずみずしい感性」を競う。今回は1次の書類審査に全国130校3136点のデザイン画が寄せられ、24都道府県32校35チームが、ファッションショー形式の最終審査会に臨む。

 今治工はいずれも繊維デザイン科3年の村上百華(ももか)さん、木村美空(みく)さんの「One mor…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 山手線あす部分運休 新駅関連工事 大崎、上野で折り返し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです