メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファッション甲子園

松山工と今治工の県2校、出場へ 青森で26日 /愛媛

今治工の「One more chance」「わがままな風」を仕上げる(左から)村上百華、木村美空、村越潤太、竹本舞さん=愛媛県今治市河南町1の同校で、松倉展人撮影

 26日に青森県弘前市で開かれる「ファッション甲子園」(第18回全国高校ファッションデザイン選手権大会)に、県内から昨年に続いて県立今治工、松山工がダブル出場する。今治工は初の2チーム選出で、6年連続13回目、松山工は2年連続2回目の出場。【松倉展人、遠藤龍】

 大会はファッションデザインを通じ「高校生らしいみずみずしい感性」を競う。今回は1次の書類審査に全国130校3136点のデザイン画が寄せられ、24都道府県32校35チームが、ファッションショー形式の最終審査会に臨む。

 今治工はいずれも繊維デザイン科3年の村上百華(ももか)さん、木村美空(みく)さんの「One mor…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文719文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです