メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファッション甲子園

松山工と今治工の県2校、出場へ 青森で26日 /愛媛

今治工の「One more chance」「わがままな風」を仕上げる(左から)村上百華、木村美空、村越潤太、竹本舞さん=愛媛県今治市河南町1の同校で、松倉展人撮影

 26日に青森県弘前市で開かれる「ファッション甲子園」(第18回全国高校ファッションデザイン選手権大会)に、県内から昨年に続いて県立今治工、松山工がダブル出場する。今治工は初の2チーム選出で、6年連続13回目、松山工は2年連続2回目の出場。【松倉展人、遠藤龍】

 大会はファッションデザインを通じ「高校生らしいみずみずしい感性」を競う。今回は1次の書類審査に全国130校3136点のデザイン画が寄せられ、24都道府県32校35チームが、ファッションショー形式の最終審査会に臨む。

 今治工はいずれも繊維デザイン科3年の村上百華(ももか)さん、木村美空(みく)さんの「One mor…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文719文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです