メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ご意見ください恋活

お土産開発して、婚活もしよう! 来月15日、筑後のイベント参加者募集 /福岡

 筑後市の土産品開発に意見を出しながら婚活するイベント「ご意見ください恋活」が9月15日、同市山ノ井のMEIJIKAN(旧宿泊施設「明治館」)である。商品モニタリングの場を出会いの場にもする取り組み。市の地域おこし協力隊員、溝口善也さん(34)が考案し、昨年に続く第2弾になる。婚活に地域振興の視点を取り入れた先駆けとして国も注目している。

 今回は市内にある全国唯一の「恋木神社」(昨年15万5600人が参拝)のお土産を考案する。イベント当日は「恋の傷に塗る塩」(バスソルト)や「恋の傷に貼るばんそうこう」(恋の名言付き)など7製品のアイデアを示し、参加者がそれぞれに対する意見を述べる。それを受けて2製品に絞り、2回目(11月10日)の会で試作品を提出、更に磨きを掛ける運びという。

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. チーター赤ちゃん誕生 4匹元気に成長中 多摩動物公園 /東京

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです