メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

CO2削減緩和へ 新対策、数値目標盛り込まず

 【ワシントン共同】トランプ米政権は21日、発電分野の温室効果ガス削減のためオバマ前政権が定めた規制「クリーン・パワー・プラン」に代わる新たな二酸化炭素(CO2)削減策を発表した。削減の数値目標を盛り込まないなど大幅に緩和され、排出量が多い石炭などの化石燃料業界を後押しする内容となった。

 前政権の規制は、トランプ大統領が昨年10月に撤廃した。既に離脱を表明している地球温暖化防止の国際枠組み「パリ協定」では、米国が温室効果ガス削減目標を達成するために柱とした政策だった。米国の温暖化対策がさらに後退するとの懸念が高まっている。

 温暖化対策に熱心な東部ニューヨーク州などの司法長官は21日、新たな削減策の撤回を求め提訴すると発表…

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  5. 漫画喫茶刺殺 検察「紙めくる音にいらだち殺害」 被告側は責任能力の有無争う 名地裁初公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです