メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

分断の深層

トランプ時代の合衆国 怒れる若者、社会主義旋風(その2止) 将来不安、急進化

 

 米国での社会主義旋風を支えるのは、2016年大統領選の民主党候補選びでバーニー・サンダース上院議員に現状打破を期待した若者たちだ。国民皆保険や公教育の無償化を訴えた民主社会主義者のサンダースさんはヒラリー・クリントン元国務長官に敗れ、彼らの夢は砕かれた。あれから2年。若者たちはより急進左派的な思想に傾いていた。【アラバマ州モービルで國枝すみれ】

この記事は有料記事です。

残り2160文字(全文2336文字)

國枝すみれ

1991年入社。英字新聞毎日デイリーニューズ編集部、西部本社福岡総局で警察担当記者、ロサンゼルス支局、メキシコ支局、ニューヨーク特派員を経て、2019年10月から統合デジタル取材センター。05年、長崎への原爆投下後に現地入りした米国人記者が書いたルポを60年ぶりに発見して報道し、ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです