メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
分断の深層

トランプ時代の合衆国 怒れる若者、社会主義旋風(その2止) 将来不安、急進化

 

 米国での社会主義旋風を支えるのは、2016年大統領選の民主党候補選びでバーニー・サンダース上院議員に現状打破を期待した若者たちだ。国民皆保険や公教育の無償化を訴えた民主社会主義者のサンダースさんはヒラリー・クリントン元国務長官に敗れ、彼らの夢は砕かれた。あれから2年。若者たちはより急進左派的な思想に傾いていた。【アラバマ州モービルで國枝すみれ】

この記事は有料記事です。

残り2160文字(全文2336文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです