メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

分断の深層

トランプ時代の合衆国 怒れる若者、社会主義旋風(その2止) 将来不安、急進化

 

 米国での社会主義旋風を支えるのは、2016年大統領選の民主党候補選びでバーニー・サンダース上院議員に現状打破を期待した若者たちだ。国民皆保険や公教育の無償化を訴えた民主社会主義者のサンダースさんはヒラリー・クリントン元国務長官に敗れ、彼らの夢は砕かれた。あれから2年。若者たちはより急進左派的な思想に傾いていた。【アラバマ州モービルで國枝すみれ】

この記事は有料記事です。

残り2160文字(全文2336文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです