メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

パーキンソン病って何? 脳の指令伝わらず震え 国内に約16万人=回答・荒木涼子

 なるほドリ iPS細胞(人工多能性幹細胞(じんこうたのうせいかんさいぼう))を利用してパーキンソン病の治療を目指すと聞いたよ。どんな病気?

 記者 例えば手を動かそうとするとき、脳から「手を動かせ」という指令がいくつもの神経細胞を経由して手の筋肉まで伝わります。脳内で指令を伝える物質の一つにドーパミンがあります。パーキンソン病にかかると、ドーパミンを作る神経細胞に異常なたんぱく質がたまって細胞が徐々に死に、ドーパミンが減って指令が伝わりにくくなります。体の震えや筋肉のこわばり、動作が緩慢(かんまん)になるといった症状が表れます。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 豊臣期の大坂城石垣を公開 本丸中心部、夏の陣の痕跡や金箔瓦も出土

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです