メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

狭まるトランプ包囲網 違法献金証言/脱税有罪評決

コーエン氏=AP

 【ニューヨーク國枝すみれ】2016年の米大統領選を巡るロシアの介入とトランプ陣営との癒着疑惑「ロシアゲート」を捜査するモラー特別検察官が、トランプ大統領に対する包囲網を狭めつつある。21日、トランプ氏の元顧問弁護士のマイケル・コーエン氏(51)が、トランプ氏の指示で選挙資金規制法違反の献金をしたと証言。トランプ陣営の元選対本部長、ポール・マナフォート被告(69)も有罪評決を受けた。

 コーエン氏は、検察当局との司法取引に応じ、ニューヨーク連邦地裁で選挙資金規制法違反や脱税など八つの罪状を認めた。トランプ氏と性的関係を持ったと主張するポルノ女優に13万ドル(約1430万円)、元プレイメイトには15万ドル(約1650万円)の口止め料をトランプ氏の「指示」で支払ったと証言した。大統領選への影響を回避するための違法な選挙献金とされる。

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです