メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トップ登場

富士ゼロックス・玉井光一社長 AI活用、新サービスで成長

玉井光一社長(65)

 ペーパーレス化の影響で需要の先細りが見込まれる複合機市場。6月に就任した玉井光一社長は、AI(人工知能)などを活用し業務効率を高めるサービスの提供に注力し、「短期間で成長曲線を描く」と意気込む。

 東大工学系研究科精密機械工学で、論文による工学博士号を取得。東芝を経て富士写真フイルム(当時)で医療機器やデジタルカメラ、複合機などの設計に携わった。社長となった今も、トラブルや納期が…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです