メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外宮迫さんら処分撤回 吉本興業社長が表明
トップ登場

富士ゼロックス・玉井光一社長 AI活用、新サービスで成長

玉井光一社長(65)

 ペーパーレス化の影響で需要の先細りが見込まれる複合機市場。6月に就任した玉井光一社長は、AI(人工知能)などを活用し業務効率を高めるサービスの提供に注力し、「短期間で成長曲線を描く」と意気込む。

 東大工学系研究科精密機械工学で、論文による工学博士号を取得。東芝を経て富士写真フイルム(当時)で医療機器やデジタルカメラ、複合機などの設計に携わった。社長となった今も、トラブルや納期が…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  3. エンタメノート 「吉本が悪い」果たして本当か 宮迫さん・亮さんの涙もう見たくない
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです