メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トップ登場

富士ゼロックス・玉井光一社長 AI活用、新サービスで成長

玉井光一社長(65)

 ペーパーレス化の影響で需要の先細りが見込まれる複合機市場。6月に就任した玉井光一社長は、AI(人工知能)などを活用し業務効率を高めるサービスの提供に注力し、「短期間で成長曲線を描く」と意気込む。

 東大工学系研究科精密機械工学で、論文による工学博士号を取得。東芝を経て富士写真フイルム(当時)で医療機器やデジタルカメラ、複合機などの設計に携わった。社長となった今も、トラブルや納期が…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです