メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
18歳のリスク

副業や投資の情報商材 契約前に中身見られず

 インターネット上で「必ずもうかる」などと称(しょう)したノウハウを販(はん)売(ばい)する「情報商(しょう)材(ざい)」に関する相談が急増している。簡単に高額の収入を得られるという副業や投資のもうけ話には注意が必要だ。

 情報商材は「1日数分の作業で月に数百万円を稼(かせ)ぐ」「○万円が△億(おく)円(えん)になる投資法」といった副業や投資、ギャンブルに関するもので、主にネット上で通信販売される。PDF形式などの電子媒(ばい)体(たい)で取引され、契(けい)約(やく)者はパソコンやスマートフォンでダウンロードや閲(えつ)覧(らん)をする。動画やメールマガジン、アプリケーションの配信、冊子やDVDの送付がある場合も。

 「ユーチューブの15分の作業で最低月収50万円」といったうたい文句でマニュアルの販売や有料コースへ…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文910文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  4. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです