メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳のリスク

副業や投資の情報商材 契約前に中身見られず

 インターネット上で「必ずもうかる」などと称(しょう)したノウハウを販(はん)売(ばい)する「情報商(しょう)材(ざい)」に関する相談が急増している。簡単に高額の収入を得られるという副業や投資のもうけ話には注意が必要だ。

 情報商材は「1日数分の作業で月に数百万円を稼(かせ)ぐ」「○万円が△億(おく)円(えん)になる投資法」といった副業や投資、ギャンブルに関するもので、主にネット上で通信販売される。PDF形式などの電子媒(ばい)体(たい)で取引され、契(けい)約(やく)者はパソコンやスマートフォンでダウンロードや閲(えつ)覧(らん)をする。動画やメールマガジン、アプリケーションの配信、冊子やDVDの送付がある場合も。

 「ユーチューブの15分の作業で最低月収50万円」といったうたい文句でマニュアルの販売や有料コースへ…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文910文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
  5. 大相撲 終始無言の稀勢の里、歴史的な3連敗で大きな窮地

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです