メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳のリスク

副業や投資の情報商材 契約前に中身見られず

 インターネット上で「必ずもうかる」などと称(しょう)したノウハウを販(はん)売(ばい)する「情報商(しょう)材(ざい)」に関する相談が急増している。簡単に高額の収入を得られるという副業や投資のもうけ話には注意が必要だ。

 情報商材は「1日数分の作業で月に数百万円を稼(かせ)ぐ」「○万円が△億(おく)円(えん)になる投資法」といった副業や投資、ギャンブルに関するもので、主にネット上で通信販売される。PDF形式などの電子媒(ばい)体(たい)で取引され、契(けい)約(やく)者はパソコンやスマートフォンでダウンロードや閲(えつ)覧(らん)をする。動画やメールマガジン、アプリケーションの配信、冊子やDVDの送付がある場合も。

 「ユーチューブの15分の作業で最低月収50万円」といったうたい文句でマニュアルの販売や有料コースへ…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文910文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです