メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

未来のガリレオ=鴨志田公男

 15年ほど前のこと。目的の星を自動で捉える機能が付いた小型の屈折式望遠鏡を購入した。マンションのベランダに持ち出し、小学生だった娘に土星の輪を初めて見せた。

 娘の第一声は「ちいちゃいね」。がっかりした。

 私自身は中学2年生の時、手作りした望遠鏡で初めて土星の輪を見た。暗黒の中に浮かぶその姿を見て、宇宙って不思議だなと感動した。

 まず、小遣いで口径5センチのレンズを買った。確か1500円。これを塩ビのパイプに取り付け、顕微鏡用…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1111文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです