メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

未来のガリレオ=鴨志田公男

 15年ほど前のこと。目的の星を自動で捉える機能が付いた小型の屈折式望遠鏡を購入した。マンションのベランダに持ち出し、小学生だった娘に土星の輪を初めて見せた。

 娘の第一声は「ちいちゃいね」。がっかりした。

 私自身は中学2年生の時、手作りした望遠鏡で初めて土星の輪を見た。暗黒の中に浮かぶその姿を見て、宇宙って不思議だなと感動した。

 まず、小遣いで口径5センチのレンズを買った。確か1500円。これを塩ビのパイプに取り付け、顕微鏡用…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1111文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです