メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

バドミントン 女子団体、48年ぶりV 王者・中国に3-1

バドミントン女子団体で優勝し、喜ぶ日本の選手たち=徳野仁子撮影

 (第5日・記録は共同など)

 バドミントン女子団体決勝で、日本は中国を3-1で破り、1970年バンコク大会以来、48年ぶりの金メダルを獲得した。王者・中国を破っての頂点は長年の悲願だった。2020年東京五輪へ、勢いがつく価値ある勝利となった。

 打倒中国まであと1点。高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)がレシーブで粘ると、たまらず中国ペアが返球をネットにかけた。両拳を突き上げる2人のもとに仲間が駆け寄り輪を作った。高橋は「フルメンバーの中国に勝つのは初めて。一番のライバルに勝っての優勝は本当にうれしい」と声を弾ませた。

 王者交代を告げるかのような勝ちっぷりだった。1番手の山口茜(再春館製薬所)が敗れたものの、2番手で…

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1160文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 千曲川決壊、過去最大の水量による水圧 越水も重なる 台風19号

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです