メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

体操 男子団体、中国に大敗

 (第5日・記録は共同など)

 体操の男子団体総合決勝があり、日本は248・550点で銀メダルとなり、2014年仁川(韓国)大会に続く2連覇はならなかった。中国が260・950点で優勝した。

 「ミスが出たら負けるのは当たり前」。4月の全日本選手権個人総合覇者の谷川翔(順大)は、淡々と言った。中国とは12点の大差。正確な演技でプレッシャーをかけるつもりが、逆に自分たちのミスで追い込まれていった。

 1種目めは床運動。第1演技者の谷川が着地でよろめいた。つり輪と跳馬では全員が14点台と安定した演技…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  3. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  4. 初の高校eスポーツ選手権、華々しく開幕 好プレーに歓声
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです