連載

Features・2020年へ

Features(フィーチャーズ)は英語で特集や主役などを意味する。2年後の東京五輪を目指し、アジア大会を戦う日本選手団を紹介する。

連載一覧

Features・2020年へ

ジャカルタ・アジア大会 スポーツクライミング 野口啓代(29) 開拓者、さらに上へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <フィーチャーズ アジア大会2018>

野口啓代(あきよ)

 身長165センチに対して両手を広げた幅のリーチは9センチ長い。「自分でも、クライミング体形だなと思います」。他の選手が飛びつかないと届かないホールド(突起物)をつかめる。ボルダリング種目の最新の世界ランキングで1位に君臨する強みの一つだ。

 小学生の時、家族旅行で訪れたグアム島のゲームセンターで、クライミングを体験して、登ることの面白さに目覚めた。最大の魅力は、全ての課題(コース)が違うこと。「一つとして同じものがなく、どれだけクライミングを重ねても飽きが来ない」。今では「生活に欠かせないもの」と競技の魅力にとりつかれている。

 国際舞台で安定した成績を残している。2008年にフランスで行われたボルダリングのワールドカップ(W杯)で初優勝を果たすと、09年には初の年間総合優勝。10、14、15年と計4度の年間女王に輝いており、クライミング日本女子の開拓者だ。積み上げたW杯勝利数は史上最多まであと1勝に迫る21。ボルダリングでは絶対的な力を持つ。

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文1034文字)

あわせて読みたい

注目の特集