メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

東京パラリンピック点描・2018夏/上 共に親しむ施設へ 整備追い風「専用」の線引きなくし

健常者の練習パートナー(左)の協力を得て、練習に励む車いすラグビーの選手=大阪府大東市のアクティブ・スクウェア・大東で7月21日、谷口拓未撮影

 草分け的な障害者スポーツ施設が今夏、大幅にリニューアルされた。1986年開館の東京都障害者総合スポーツセンター(北区)だ。「気軽にスポーツに触れられる機運を醸成したい。それこそが東京パラリンピックのレガシー(遺産)」

 そう説明したのは同センターの高山浩久スポーツ支援課長。老朽化した施設は、7月に50メートルから70メートルに延長した洋弓場などを備えた増築棟を整備し、国際基準に対応した。

 東京パラリンピックの開催決定を機に、体育館などの施設整備に追い風が吹いている。6月には、車いすラグビーなどに使用できるパラスポーツ専用の「日本財団パラアリーナ」(東京都品川区)もオープンした。

この記事は有料記事です。

残り1251文字(全文1543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです