メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
西日本豪雨

京都・伏見の土砂崩れ 残土投棄、規制外地 業者狙い撃ち

建設残土が不法投棄された後、土砂崩れ防止の是正工事としてさらに土砂が搬入された大岩山山頂付近。樹木が伐採され、むき出しの山肌が広がっている=京都市伏見区で2018年7月25日、本社ヘリから木葉健二撮影

 京都市伏見区の大岩山(標高189メートル)に不法投棄された土砂が西日本豪雨で崩れた問題で、山頂付近に昨年6~11月、大型トラック延べ2500台以上が大量の建設残土を集中的に持ち込んでいたことが業者の搬入記録で分かった。市は住民の通報などで昨年11月までに搬入を把握したが、撤去を命じる土砂条例が未制定で、土砂量などの実態調査も行わず対応が後手に回っている。【飼手勇介】

 先月5~7日の豪雨で土砂が崩れ、ふもとの農業ため池を埋め尽くして住宅街まで10メートルに迫った。山…

この記事は有料記事です。

残り1186文字(全文1421文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水泳オープンウオーター選手悲鳴!お台場は悪臭と猛暑Wパンチ「トイレみたいな臭い」(スポニチ)

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  4. 「年越しそば、おいしそうに食べろ」 壮絶な虐待の詳細明らかに 野田・女児虐待死

  5. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです