メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

陸上イージス、隣町反発 「電磁波で被害」「攻撃目標に」 萩市近く山口・阿武町、住民不安噴出

 政府が導入を目指す陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の候補地、陸上自衛隊むつみ演習場(山口県萩市)に隣接する唯一の自治体である阿武(あぶ)町が反発を強めている。7月に町内であった防衛省の説明会では住民の不安が噴出し、直後に町長が上京して配備地の再検討を要請。丁寧な説明を求める声は萩市からも上がり、防衛省はスケジュールの見直しを余儀なくされた。【松田栄二郎、松本昌樹、遠藤雅彦】

 「配備は町の過疎化を加速させる懸念がある。住民説明会でも不安や不信が出た。このような中で計画を進めると泥沼状態を招く」。阿武町の花田憲彦町長は7月25日、防衛省で大野敬太郎防衛政務官に強く訴えた。

この記事は有料記事です。

残り1174文字(全文1472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

  2. ピンチ救った8球 巨人・鍵谷の切れるスライダー、1死満塁しのぐ

  3. 検証プラス・新型コロナ 街の味なぜ消えた 倒産500件 中小企業に打撃

  4. 金正男氏殺害で一時拘束された北朝鮮男性の特異な素顔 米司法省訴追で浮かぶ軌跡

  5. ORICON NEWS 新しい地図、斎藤洋介さん追悼 香取「スマスマのコントでは一緒に笑い、沢山助けて頂きました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです