メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペットフード

長崎グルメ人気 カステラなど思い出を共有

 長崎グルメのカステラやちゃんぽんをペットフードにした商品が、長崎を訪れるペット連れの観光客や修学旅行生らの間でお土産として人気だ。開発した地元のペットショップは「旅行の思い出をペットと共有してほしい」とアピールする。

 長崎市の中心繁華街、浜町でペットショップ「TOY(トーイ)」を営む高見伊津子さんが「長崎にはたくさんのグルメやお土産があるが、ペット向けの商品があってもいいのでは」と着想し、2009年に第1弾となる「長崎御犬カステラ」を開発し、販売を始めた。

 製造は本職のカステラ職人に依頼し、犬が食べやすいように小さめに作った他は見た目もパッケージも人が食べるカステラとほぼ同じ。卵や砂糖、小麦粉などの原料も全て国産にこだわった。現在はチーズ味、芋味、いちご味の3種がある。

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文837文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです