メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

対応力試されるマラソン 東京五輪と似た暑さ

 ジャカルタ・アジア大会のマラソンは、男子が25日、女子が26日に主会場のブンカルノ競技場を発着点に市内の周回コースで行われる。スタート時間は午前6時(日本時間午前8時)。暑さの厳しい季節の午前7時から行われる2020年東京五輪のマラソンと似た気象条件で、対応力が試されるレースとなる。

 コースはジャカルタのブンカルノ競技場を発着点とする周回コース。ほぼ起伏のない市中心部の大通りを北へ走り、往復約20キロの一本道を2周する。

 日本の男子は1978年バンコク大会から10大会連続でメダルを獲得しており、86年のソウル大会の中山竹通以来、日本勢32年ぶりの優勝を目指す。女子は2大会連続のメダル獲得を狙う。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  5. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです