米国

メキシコと近くNAFTA合意か 自動車関税が焦点

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン清水憲司】米政治メディアのポリティコは21日、北米自由貿易協定(NAFTA)を巡り、米国が23日にメキシコとの2国間合意の発表を計画していると報じた。その後カナダとも協議し、月内の妥結に向けて詰めの交渉を行う見通しだ。

 NAFTAは昨年8月、メキシコへの工場移転に歯止めをかけたいトランプ米大統領の要請で3カ国が再交渉を開始。自動車関税をゼロにする基準となる「原産地規則」の扱いが最大の焦点になっている。現在は62.5%以上の部品を域内3カ国で生産することが関税ゼロの条件だが、米国が生産拠点を呼び戻そうと基準の厳格化を要求…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文673文字)

あわせて読みたい

注目の特集