メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文科省

学テ基礎・応用を一体化 来年度から出題形式変更

小学校6学年「国語」のサンプル問題より=文科省提供

 文部科学省は22日、2019年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)から、基礎知識を問うA問題と応用力を見るB問題の区別をなくし、双方を一体的に問う形式にすると発表した。20年度に新学習指導要領が全面実施されるのを見据え、基礎知識を思考力、判断力、表現力に反映できるようにする狙い。

 全国の小学6年と中学3年を対象に実施される学テは、国語と算数・数学でA、B問題が出題され、正答率が別々に集計されてきた。新指導要領では、討論や発表などを通した「主体的・対話的で深い学び」が打ち出されており、基礎知識と思考力などを一体的に問う出題に統一することが考え方に沿うと判断した。

 例えば文科省が作成した算数のサンプル問題は、1~3個入りのトマトのパックをどのように組み合わせれば、最も安く7個を買えるかを問う。15年度は同じ問題に選択肢で答えさせたが、サンプルでは児童同士の会話から思考させ、解答も記述式にした。

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文936文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 「自分の中の正義感が暴走」 ネット中傷加害者が語る投稿の理由

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです