メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
文科省

学テ基礎・応用を一体化 来年度から出題形式変更

小学校6学年「国語」のサンプル問題より=文科省提供

 文部科学省は22日、2019年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)から、基礎知識を問うA問題と応用力を見るB問題の区別をなくし、双方を一体的に問う形式にすると発表した。20年度に新学習指導要領が全面実施されるのを見据え、基礎知識を思考力、判断力、表現力に反映できるようにする狙い。

 全国の小学6年と中学3年を対象に実施される学テは、国語と算数・数学でA、B問題が出題され、正答率が別々に集計されてきた。新指導要領では、討論や発表などを通した「主体的・対話的で深い学び」が打ち出されており、基礎知識と思考力などを一体的に問う出題に統一することが考え方に沿うと判断した。

 例えば文科省が作成した算数のサンプル問題は、1~3個入りのトマトのパックをどのように組み合わせれば…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文936文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです