連載

ネットウオッチ

インターネットで流されるフェイク(偽)ニュースや怪しげな情報、「炎上」している事例などを素早く取材し、真相やその背景などを報告します。

連載一覧

ネットウオッチ

学生ボランティア風刺サイト 作者語る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「東京五輪学生ボランティア応援団」のサイトを制作した早稲田大2年の松本海月さん。6時間ほどで一気に作ったという=東京都府中市で2018年8月22日午後1時3分、大村健一撮影
「東京五輪学生ボランティア応援団」のサイトを制作した早稲田大2年の松本海月さん。6時間ほどで一気に作ったという=東京都府中市で2018年8月22日午後1時3分、大村健一撮影

 「東京五輪学生ボランティア応援団」というサイトが、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で拡散している。一見、2020年東京五輪・パラリンピック(7月24日~9月6日)の学生ボランティアを絶賛しているようで、実は痛烈な風刺になっていて、作家の綾辻行人(あやつじ・ゆきと)さんも「大変に健全な皮肉」と自身のツイッターで紹介した。サイトを制作した早稲田大政治経済学部2年の松本海月(かずき)さん(20)に、サイトに込めた思いを聞いた。【大村健一/統合デジタル取材センター】

 もともと社会に広く訴えるつもりはなかったという。19日に「友達に見せる」くらいの感覚で、6時間ほどで「応援団」のサイトを作り上げた。村上龍さんの小説「愛と幻想のファシズム」を読んだ直後で、登場人物のせりふなどに影響を受けて「衝動的に書き上げました」。

この記事は有料記事です。

残り2324文字(全文2691文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集