メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

体操男子団体、中国と力の差 ミスで自滅

谷川翔 美しい体操を求めて

 ジャカルタ・アジア大会は第5日の22日、体操の男子団体総合決勝があり、日本は248.550点で銀メダルとなり、2014年仁川(韓国)大会に続く2連覇はならなかった。中国が260.950点で優勝した。

 「ミスが出たら負けるのは当たり前。このままでは全然勝てない」。4月の全日本選手権個人総合覇者の谷川翔(順大)は、淡々と言った。中国とは12点の大差。力の差を認めるしかなかった。正…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  3. 小嶺麗奈容疑者、過去に薬物撲滅のCM出演 大麻取締法違反容疑で逮捕
  4. ORICON NEWS 川栄李奈、夫・廣瀬智紀の“二股”報道に「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」
  5. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです