メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(7)「ぴあフィルムフェスティバル」ディレクター 荒木啓子さんインタビュー

「PFFの上映会を仙台で行った時、ゲストの若松さんを見にヤクザが来たんです。会場を出たり入ったりしていましたが、長い友情が続いていたんですね」と語るPFFディレクターの荒木啓子さん=鈴木隆撮影

 連載企画「若松孝二とその時代」第7回は、新進映画監督の登竜門として40回の節目を迎えた「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」ディレクター、荒木啓子さんのインタビューをお届けする。独ベルリン国際映画祭などで若松孝二監督と長い時間を共にしたという荒木さんは、「すごくまとも」で「自立」した「情の人」だったと振り返る。「型破り」といった世間のイメージとは大きく異なる若松像はどこから来るのか。思い出の一端を語ってもらった。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り3608文字(全文3823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. コロナ交付金で「感染差別根絶の鐘」はあり? 佐賀県議会で激論に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです