メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NAFTA

米・メキシコ合意か 車関税ゼロ厳格化 米紙報道

 【ワシントン清水憲司】米通商専門紙ワールド・トレード・オンラインは23日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で、米国とメキシコが自動車貿易を巡るルール変更で合意したと報じた。関税ゼロにする基準である「原産地規則」を厳格化し、域内や米国、カナダでの生産比率を引き上げる内容。米国内の生産拡大を促す狙いとみられる。

 NAFTAでは現在、米国とメキシコ、カナダの域内3カ国で部品の62・5%以上を生産した車について関税をゼロに引き下げている。同紙が業界関係者の話として報じたところによると、米国とメキシコはこの基準を「75%以上」に引き上げることで合意。メキシコより人件費の高い米国、カナダ両国での生産比率を乗用車は「40%以上」、大型車は「45%以上」にする基準も新設し、3年間の移行期間を設けるという。

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  5. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです