メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度花咲かせよう

対応できない?「新ルール」=残間里江子

 最近は「ハラスメント」という言葉が流行語のようになっていて、旧世代の男性たちの戸惑いは隠せない。

 「この間も女性社員が『パソコンがフリーズしちゃった!』と言うので、パソコンをのぞき込んだら、後で年の近い女性の同僚に『顔が近づきすぎ。セクハラと訴えられても仕方ないわよ』と言われてハッとしたんだ。本人からは何にも言われなかったけれど、それ以来、怖くて女性社員には何も言えないよ」

 セクハラは「性的嫌がらせ」を意味するのだが、「嫌がらせ」に厳密な線引きはない。

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文719文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです