JR西日本

新幹線時速300キロ体感研修 トンネル内、頭上通過 社員「怖かった」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
トンネル内での時速300キロ体感研修のイメージ
トンネル内での時速300キロ体感研修のイメージ

 JR西日本が新幹線のトンネル内に、通常業務では線路内に立ち入らない車両検査の社員を座らせ、最高時速300キロを間近で体感させる研修をしていることが、同社や関係者への取材で判明した。同社はボルト締め付けの確認などの重要性を学んでもらう目的だと説明するが、労働組合や専門家には効果を疑問視する声がある。【根本毅】

 JR西によると、トンネル内には上りと下りの線路の間に幅約1メートル、深さ約1メートルの中央通路がある。研修は通路に数人がうずくまり、頭上の間近を通過する新幹線2~3本の風圧を体感する。

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1042文字)

あわせて読みたい

注目の特集