メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

災害ボランティア

 200人以上の犠牲者が出た西日本豪雨。被災から1カ月が経過した8月上旬、妻の実家がある広島県熊野町で娘2人がボランティア活動に参加した。高校2年の長女は土砂崩れ被害に遭った家へ、中学2年の次女は体育館にある避難所へそれぞれ派遣された。

 長女は1階の居間に流入した土砂を他のおじさんボランティアたちと一緒にかき出し、泥水で汚れた玄関を清掃。近くの全壊…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 経済悪化で待ち切れなかった首相の緊急事態解除 経済回復手探り、第2波の懸念

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです