メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英月の極楽シネマ

君の膵臓をたべたい(2018年、日本) 短くも尊い命と向き合う

 他人に興味を持たず、教室にいつも1人でいる高校生の「僕」は、たまたま病院の待合室で1冊の本を拾います。それはクラスの人気者、山内桜良の日記帳でした。膵臓(すいぞう)の病気で長く生きられない桜良は、最期の日までいつもと同じ生活を変わらずに送りたいと願い、家族以外には病のことを伏せています。図らずもそんな彼女の秘密を共有することになった「僕」。人と関わらず、名前を呼ばれることもなかった人生が、桜良の残り少ない時間と重なることで変化していきます。物語の最後で種明かしのように知らされる「僕」の名前に、うれし…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文634文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです