メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 武蔵野市立吉祥寺美術館(東京都武蔵野市) 市民の創作発表の場にも /東京

 JR吉祥寺駅北口から繁華街を歩いて3分。商業ビル「コピス吉祥寺A館」に2002年、市立美術館として開館した。若者の街・吉祥寺らしくビル内はファッションや雑貨、アウトドアなど若者向けの店が入居しており、にぎやかだ。その横をエスカレーターで7階まで上がると、照明が控えめの落ち着いた空間が広がっている。

 収蔵作品は野田九浦の日本画をはじめ、油彩、版画、写真など約2500点にのぼる。常設の「浜口陽三記念室」「萩原英雄記念室」では、両作家の版画作品や関連資料を常時展示・紹介している。腰掛けるスペースもあり、ゆっくりと作品を眺められる。

 企画展示室では年に数回のペースで多様なジャンルの作家の作品を紹介するほか、市民の創作発表の場である…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文724文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです