メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人・かお・トーク

重厚さ、美しさ伝える 老舗瓦工業社長・一ノ瀬靖博さん /山梨

一ノ瀬靖博さん(42)

 --どんな仕事をしていますか。

 ◆主に瓦の施工、修理を行っています。1916年の創業で、当初は瓦の製作も行っていました。しかし瓦の需要が低下し、約40年前に窯元を閉めました。創業100年を機に瓦の魅力を発信する事業を始めました。

 --具体的には。

 ◆アパレルなど幅広いデザインを手掛けているクリエーターのハイロックさんと協力して、自社ブランド「icci KAWARA PRODUCTS」をスタートさせました。瓦のコースターやペン立て、瓦と同じ手法で作ったリンゴやバナナなどの置物を販売しています。瓦の持つ重厚さや美しさをアピールするデザインです。本社や都内のセレクトショップ、インターネットで販売しています。本社の敷地内には、スペイン瓦と呼ばれるカラフルな瓦屋根で作ったカフェを併設しました。

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文947文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです