メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食探訪

すし屋「恵庵」 淡路島産の「べっぴん鱧」鍋 期間限定、甘く優しい味 /奈良

にぎりのセットを提供するすし屋「恵庵」店主の山下孝雄さん=奈良市で、中津成美撮影

 奈良市の近鉄新大宮駅北側すぐに、すし屋「恵庵(けいあん)」がある。暑さが続く今の時期は、さっぱりと食べられるすしを求めて来店する人が多いという。今月までは淡路島産の「べっぴん鱧(はも)」を使った鍋もおすすめ。【中津成美】

 店主の山下孝雄さん(59)は、奈良市内の兄のすし屋で15年ほど働いた後、2006年に店を開いた。各地の漁師から業者が仕入れた魚介類が毎日店に届く。にぎり寿司(ずし)(税別1800円~)、マグロの3貫盛りなどが人気。客の要望で生まれた「恵庵巻」(同2000円)は、マグロやサーモン、カンピョウなどが入る。数の子の…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

  4. インフルエンザ 広島市が注意報 /広島

  5. 世界の雑記帳 捨て犬かと思ったら、純血種のディンゴ 豪民家の裏庭で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです