メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

暴力団離脱者、支援のヒントに 男性の奮闘執筆・広末さん、「ヤクザの幹部をやめて、うどん店はじめました」 /福岡

 暴力団を離脱し、北九州市小倉北区でうどん店を開業した男性(52)の奮闘記を、作家活動も行う広末登・久留米大非常勤講師(社会病理学)が「ヤクザの幹部をやめて、うどん店はじめました」と題した本にまとめ、このほど新潮社から出版した。広末さんは「わかりやすく伝えられるよう苦心した。今後の暴力団離脱者のヒントになってほしい」と話している。【平塚雄太】

 男性は両親が一時失踪し、親類間を転々とするなどの子供時代を過ごした末に暴力団に加入。辞めてから店を開業し、商店街の人たちと次第に関係を構築していくまでの半生を、本では205ページにまとめている。広末さんが昨年から店に通って聞き取りを重ね、完成させた。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです