メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中

関税応酬第2弾 1.8兆円規模 世界に影響必至

米国の対中制裁関税と中国の報復関税の概要

 【北京・赤間清広、ワシントン清水憲司】トランプ米政権は23日午前0時(日本時間同日午後1時)過ぎ、年間輸入総額160億ドル(約1・8兆円)規模の中国製品に追加関税を課す対中制裁の第2弾を発動した。中国も即座に同規模の報復措置を実施に移した。米中の制裁・報復措置は7月の第1弾と合わせて計500億ドル規模に拡大し、世界の2大経済国が互いに高関税を課し合う貿易戦争は一層、泥沼化した。

 米国の制裁第2弾の対象は、半導体や化学品、鉄道など279品目。第1弾同様、中国のハイテク産業発展戦…

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文803文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです