メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
健保組合

解散相次ぎ、財政支援 厚労省30億円要求

健康保険組合数の推移

 大企業の会社員らが加入する健康保険組合(健保組合)の相次ぐ解散を受け、厚生労働省は来年4月から健保組合への財政支援を始める。解散すると加入者は「全国健康保険協会」(協会けんぽ)に移る。協会けんぽには国が補助金を支出しており、健保組合の解散が増えれば国の補助金も膨らむ。厚労省は「解散予備軍」を支援しながら運営改善を求めて解散を減らしたい考えで、来年度予算の概算要求に約30億円を盛り込む。

 健保組合には原則税金は投入されず、保険料で賄っている。健康保険組合連合会(健保連)の調査によると、…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文710文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  3. 女性タレントがサーファー救助のお手柄 警察が感謝状 千葉・一宮海岸

  4. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

  5. 投資家の滝本哲史さん死去 47歳 京大客員准教授 「僕は君たちに武器を配りたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです