メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健保組合

解散相次ぎ、財政支援 厚労省30億円要求

健康保険組合数の推移

 大企業の会社員らが加入する健康保険組合(健保組合)の相次ぐ解散を受け、厚生労働省は来年4月から健保組合への財政支援を始める。解散すると加入者は「全国健康保険協会」(協会けんぽ)に移る。協会けんぽには国が補助金を支出しており、健保組合の解散が増えれば国の補助金も膨らむ。厚労省は「解散予備軍」を支援しながら運営改善を求めて解散を減らしたい考えで、来年度予算の概算要求に約30億円を盛り込む。

 健保組合には原則税金は投入されず、保険料で賄っている。健康保険組合連合会(健保連)の調査によると、…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文710文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  2. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  3. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送
  4. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです