メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

石破氏、参院竹下派と連携腐心 「首相批判」懸念の声

 自民党総裁選(9月7日告示、20日投開票)に向け、石破茂元幹事長(61)が竹下派の尾辻秀久元参院副議長(77)を選対本部長とするよう求め、参院竹下派との連携に腐心している。ただ参院竹下派内では、石破氏が森友・加計問題を念頭に安倍晋三首相(63)を批判したことへの懸念が強い。国会議員票で優勢な首相と徹底的に対立するのは避けたいのが本音だ。(5面に「託す」)

 「選対本部長を尾辻さんにお願いしたい」。今週に入り石破派幹部が竹下派会長の竹下亘総務会長に電話で打…

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文947文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです